最近のトラックバック

twitter

  • twitter

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

水都大阪100kmウルトラマラニック

大阪にも100kmの大会があった。第2回が行われるのなら、迷わずエントリー^^!http://osakaultra.main.jp/index.html

ナンバー:3429

2009神戸全日本女子ハーフマラソン大会にて。目標は1:35:00あたりかなぁ。。。http://www.kobe-marathon.net/top.html

2009年10月29日 (木)

神戸の町名 改訂版

神戸史学会編。Kobe Standing BarTramping on M't Rokkoなどというサイトを立ち上げて以降、神戸の町名にはずいぶんと詳しくなったけど、ここで改めておさらい中。。。http://buzz.goo.ne.jp/item/cid/9/pcid/5878463/scid/7623/

ぎょうざ倶楽部メンバーズカード

最後にスタンプを貰うのは「御影店」でと思うも、阪神御影は遠いので、やはり「新開地店」へ^^!Dsc09602 Dsc09597 Dsc09601

2009年10月28日 (水)

神戸の市電と街並み

神戸鉄道大好き会編著。昭和40年代の写真が満載。往時の街並みが良くわかるよ!http://store.shopping.yahoo.co.jp/7andy/32188859.htmlDsc02416

爆発JAL123便

加藤寛一郎著。文庫本なのでさらりと読めてしまう一冊。操縦士達は酸欠で朦朧とした中で機を操っていたとは。。。http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refISBN=4479300333

沈まぬ太陽(四) 会長室編

山崎豊子著。今のJALがこうなってしまったことがよくわかる一冊。ではあるけれど、御巣鷹山編がリアルすぎるのか、完全なフィクション小説として楽しめないところがあるなぁ。。。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E3%81%BE%E3%81%AC%E5%A4%AA%E9%99%BD#.E4.BC.9A.E9.95.B7.E5.AE.A4.E7.AF.87

2009年10月26日 (月)

赤うどん

カープ応援商材だそうです、って、あれっ?広島の出汁って濃口なのね。薄口のほうが赤い色が映えそう^^!http://hiroshima.keizai.biz/headline/570/Dsc09563 Dsc09564

沈まぬ太陽(三) 御巣鷹山篇

山崎豊子著。昨今のJAL再建問題の報道や原作の映画化の報を聞き、改めて読んでみる。事実と異なる点があり、美化されすぎた登場人物がいることはさておいて、JALがなんと言おうと、著者がJALに興味を持ってしまったことは事実だからねぇ。。。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E3%81%BE%E3%81%AC%E5%A4%AA%E9%99%BD#.E5.BE.A1.E5.B7.A3.E9.B7.B9.E5.B1.B1.E7.AF.87

2009年10月24日 (土)

嫁の誕生日2009

二つ折り財布の第二段^^!Kitamura2009

初めての100kmを楽しみきれなかった一日

2009年10月18日(日)。蕨岡中学校→中村中学高校。「四万十川ウルトラマラソン100km」初参戦は13時間24分でゴール。。。100kmは長い。でも、膝や腰が痛くなるとか、どこかがツルとか、豆がつぶれてしまうとか、そういうことはなかったし、ゴール後の疲弊感もなかったので、余力を残してのゴールということになる。全力を出し切るって難しいのよねぇ。。。来年はさてどうしよう?もちろんエントリーですねぇ^^!おにぎり3個と味噌汁1杯とバナナ2本分と水分たっぷり。1,800人の参加者とそれを上回るボランティアのみなさんと。。。http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_8/DB_20091018_2.htm1854_1

2009年10月16日 (金)

阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~被災地に生きた記者達の闘い~(仮題)

http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0002446357.shtml

http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/10/16/0002446527.shtml

ランナーズ アップデート

「ランナーの位置がわかるサイト」とは、こちらでございます♪ http://runnet.jp/record/

2009年10月14日 (水)

「餃子の王将」の餃子 with 味噌ダレ

何気に検索していると、あっ、あった!味噌ダレを置いている「餃子の王将」が^^!鴫野店(大阪市城東区鴫野東)デス♪ http://maa.blog.eonet.jp/tabearuki/2008/03/post-2a7a.html

2009年10月12日 (月)

餃子の王将 御影店

あるランキングによれば国内最高峰であり、学生時代と社会人になって4年間はお世話になったところの御影店に、おそらくは17年ぶりの訪問。祝日の午後1時頃の訪問のため満席ではあったけど、二人ほど先客が帰った後に、絶妙なホール捌きのおにいちゃんが相席を勧めてくれた。頼んだ品は、餃子とやきそばと瓶ビール。味噌ダレで餃子(油っこくな~い)が楽しめるし、やきそば(立体的な盛り付けがビューティフル)の麺は腰のある平打ちだし、1,000円ちょっとの会計でスタンプは3つ押してくれるし、申し分ございません^^!定食のバリエーションも魅力的だなぁ♪Dsc00751 Dsc00752 Dsc00753

四万十川100kmに向けて筋肉に最後の刺激を与え、おそらくは17年ぶりに「餃子の王将 御影店」を堪能した一日

2009年10月12日(月)。阪急芦屋川→餃子の王将 御影店。四万十川100kmに向けて最後の練習。2年ぶりに「阪急芦屋川→最高峰」のタイムトライアルを試みるも、心臓バクバクというほどには頑張らなかったので、1時間41分と平凡なタイムに終わる。(それにしてもHASEさんのベスト1時間12分はスゴイ!)ゴールは、おそらく17年ぶりの「餃子の王将 御影店」^^!アサヒスーパードライ500ml、単独行。http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_8/DB_20091012_2.htmDsc00743

丁字ヶ辻から阪急六甲までの舗装路ダウンヒルを堪能した一日

2009年10月10日(土)。楠6の交差点→阪急王子公園。四万十川ウルトラマラソン100kmの序盤にある峠(高低差おおよそ600m)を想定した練習。丁字ヶ辻から阪急六甲までの舗装路ダウンヒルは、足にかなりのダメージを与えてくれて、よい練習となった一日。峠のセクションを7:12/kmのペースで走れたので、このままのペースをキープできれば12時間で完走ということになるのだけれど。。。ZEROコカコーラ350ml、単独行。http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_8/DB_20091010_2.htmDsc00736

2009年10月11日 (日)

第15回四万十川ウルトラマラソン100kmに向けて その2

昨日のランを踏まえて、シャツは長袖、キャップは不要、ウエストポーチにリップクリーム追加!目下のところ。。。「15100km_2.xls」をダウンロード

2009年10月10日 (土)

ナンバー:1827

第15回四万十川ウルトラマラソン大会に参加するに当たって頂いたナンバーである。このナンバーを入力するとランナーの位置がわかるサイトがあるらしい。そのサイトは14日(水)に公開されるらしい。あぁ、アンダー・プレッシャー!!!

2009年10月12日(月)の山行予定

阪急芦屋川→六甲最高峰。四万十川ウルトラマラソン100kmに向けて、最後の刺激!http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_8/DB_20091012.htm

序盤の峠は手ごわいぞ♪

四万十川ウルトラマラソン100km、序盤の峠を想定した練習。表六甲道路を下り終えると、それはそれは筋肉がパンパンでした。本番では、峠を下り終えたところで入念にストレッチすべきかな。。。20091010 20091010_2

2009年10月 9日 (金)

2009年10月10日(土)の山行予定

楠6の交差点→楠6の交差点。四万十川ウルトラマラソン100km、序盤の下り対策。http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_8/DB_20091010.htm

2009年10月 4日 (日)

第15回四万十川ウルトラマラソン100kmに向けて その1

ただいまのところ、こんなカンジ。。。「15100km.xls」をダウンロード

中秋の名月2009 於 大倉山公園(神戸)

Dsc09506

2009年10月 3日 (土)

フードスタイリスト 飯島奈美

かもめ食堂」と「深夜食堂」に共通するのはフードスタイリストの飯島奈美さん。「立呑ノベル」にも欠かせないスタッフだよなぁ^^!http://www.1101.com/life_iijima/index.html

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »