最近のトラックバック

twitter

  • twitter

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

今週の弁当ライフ

左上から、鶏の山賊焼き弁当、長田ぼっかけ焼きそば弁当、牛丼弁当、メンチカツ弁当。暑さに負けず、快適な弁当ライフは続く。。。

Lunch_20100731

2010年7月29日 (木)

プレ上映行います!

いよいよ、もうすぐ、元町映画館が開館。今日、前を通ったら、中でスタッフの方々(?)が忙しそうでした!http://www.motoei.com/

電子書籍で自費出版、低予算で 姫路の印刷会社

なんと、姫路でもサービス開始!http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0003254903.shtml

山岳ドクター

今朝のめざましテレビで紹介されていた長野県松本市の上條先生。う~ん、さすがは上條姓の先生、登山者への思いは深いものがあるのだろうなぁ。。。http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=26634

「慕撫's Family」一斉節酒運動実施中

無期限実施にて、よろしくです!あっ、禁酒じゃありません。節酒です。。。

2010年7月28日 (水)

港島中学校グラウンド人工芝生化工事中

港島小学校グラウンドの芝生化に続いて、港島中学校グラウンドも芝生化工事中。(ただし、人工芝らしい)折りしも、中学校グラウンドの北側にある公園も芝生養生中。これで港島も少しは涼しくなるかな^^!

Dsc00260 Dsc00264

電子書籍の次は電子自費出版 出版の旧型ビジネスモデルに大変革を迫るLulu(ルル)

実に興味深い話!http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100728-00000002-diamond-bus_all

2010年7月27日 (火)

勝 海舟

村上元三著。「龍馬伝」第二部で武田鉄矢が熱演したところの勝海舟に惚れ、手に取った一冊。学研のハードカバー(昭和56年初版)には、著者と尾崎秀樹(文芸評論家)との対談が載っていてなおさら面白い。。。http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031425683&Action_id=121&Sza_id=E1

2010年7月25日 (日)

今週の弁当ライフ

左上からタコライス弁当、しょうが焼き弁当、鯖の煮付け弁当、ソースカツ丼弁当。屋外で弁当を広げるには少し暑いけど、それでも外のほうが気持ちいいね^^!

Lunch_20100725

自宅「冷し中華」の悦楽

具は玉子にきゅうりにハム、スープは醤油ベース。自宅ならではの大盛り(麺2人前)をもってよしとする^^!

Dsc01312

のぞみ青果(神戸市中央区東雲通1)

ご店主の気分で午後から立って呑めるスペースが現れる青果店。http://www.geocities.jp/kobestandingbar_3/DB_nozomi.htm

Dsc01285

2010年7月22日 (木)

商船建造から撤退を正式発表 三菱重工神戸

加藤文太郎を育てた「船舶用ディーゼルエンジンの製造」は残るらしい。。。http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0003228091.shtml

トリニトロンの憂鬱

クアトロンの登場は目の上のたんこぶに違いないだろうけど、ここは一つ、その上を行くペンタトロンあるいはチンクエトロンあたりを、先に商標出願しておくべきかな^^!http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100607/1032034/?ST=yahoo_headlines

2010年7月20日 (火)

六甲枝垂れ(しだれ)はおあずけ。。。

2010年7月18日(日)。JR住吉→阪急御影。六甲枝垂れ(しだれ)を見ることなく、体調不良にて五助堰堤先で引き返す。。。500mlのお茶とおにぎり2個と。単独行。http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_9/DB_20100718_2.htm

Dsc01266

2010年7月19日 (月)

深夜のカレーうどん

いかんっ!サッカーのワールドカップも終わったというのに夜更かししとったらいかんっ!!深夜の2時半にカレーうどん(しかもご飯付き)なんか食うとったらいかんっ!!!自宅近くに24時間営業の食堂があることが恨めしい^^!

Dsc00244

散切り頭の高杉晋作

長州は好きじゃないけど、伊勢谷友介の高杉晋作はかっこいいね。(伊勢谷を見るのは白洲次郎以来・・・)「龍馬伝」は第3部も面白そう!http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/

情熱大陸 松井大輔・遠藤保仁

改めて、あの日本代表のゲームをもう少し見たかったねえ。。。http://www.mbs.jp/jounetsu/2010/07_18.shtml

2010年7月17日 (土)

ウエットスーツ

神戸プラージュ神戸港アクアスロン大会はフローティングスタートらしい。ウエットスーツを着用しての参加が望ましい。えっ、ウエットスーツ?手に入れんといかんし、そんなものを着て泳いだことがない。手に入れても、じゃあ、どこで練習すればいいんだろう。わずか300mのスイムとはいえ、ランだけの大会とは様子が異なるもんだ。。。

2010年7月16日 (金)

弁当ライフ

さて、私も、昼食ネタを披露しとうございます。外出や出張がほとんど無く、勤め先近くに外食スポットもほとんど無い勤め人の、昼食ネタでございます。社食はあります。ありますが混む。内緒ですが、順調に推移してますから、人が増える。人が増えて、社食はてんてこ舞い。で、弁当シンジケートが生まれました。弁当を持って南公園でのピクニックライフ、だよ^^!画像は左上から、肉と玉子のいりつけ弁当、牛焼肉弁当、鰆の塩焼き弁当、煮込みハンバーグ弁当、ホイコーロー弁当、エビフライ弁当。いつでも\350。。。

Lunch1_2

2010年7月15日 (木)

神戸プラージュ神戸港アクアスロン大会

会社の同僚にそそのかされて勢いでエントリーしてしまった。スイムの練習もせんといかん。って、このコース、明らかに見世物だよね。あの海で泳ぐのかぁ。みんな応援してね^^!http://www.htj.gr.jp/outline/kobe-aquathlon.html

高樹のぶ子「熱球大陸」

2010年7月13日付の神戸新聞朝刊より。最終的にはヨーロッパ勢による闘いになったけど、印象的だったのは南米の国々だった。アメリカは決勝トーナメントには上がってきたけど、1回戦で敗退。冷戦時代からの大国から遠いスポーツだという印象をあらためて持った。軍事力や経済力、国連の安全保障理事国とも無縁な構図が、此処にある。歴史と伝統の大陸ヨーロッパと、南米の発展途上国の国々がサッカー強国というのも面白いし、夏冬のオリンピックの勝敗地図とも異なっている。W杯という祭典は、何か既存の国家意識、大国主義を揺り動かす力がある。だからこそ、素直に胸を張り、国旗を見上げ、国家を歌うことができた。さまざまな意味で国力を反映するオリンピックの応援とは、何かが違っていた。必要なものは地面とボール1個。得点はゴールにボールを入れるだけ。単純だからつまらないのではなく、単純だからくっきりと見えてくるものがある。原初の球技に近いほど、人間の能力の奥深さが現れるということだろうか。

2010年7月14日 (水)

2010年7月18日(日)の山行予定

JR住吉→地下鉄大倉山。六甲枝垂れ(しだれ)を物色の山行。。。http://www.geocities.jp/trampingonmtrokko_9/DB_20100718.htm

HAGLOFS(ホグロフス)

山を歩いていると、馴染みのないマークをつけたバックパックを見かけることがあり、そういうマークを見かけるたび、あのマークはどこのブランドだったのだろうとWebで確認するのだけど、HAGLOFS(ホグロフス)もそういうブランドのひとつでした。このたび、そのHAGLOFS(ホグロフス)と近しい仲になりそうです。。。http://www.hplusweb.jp/haglofs/index.html

2010年7月12日 (月)

ペルセウス座流星群

8月12日~13日が極大日ってことは、「な~か」さん主宰のサマーキャンプの予定にピッタンコ。こりゃ楽しみだ^^!http://www.nms.gr.jp/meteorshowers/nmsper0.html

ASICS×HONDA

20数年来ファンであるところの2大ブランドがコラボ。TOYOTA vs HONDA、NATIONAL vs SONY、MIZUNO vs ASICSって、イメージが似てると思わない?業界トップの老舗ブランドに立ち向かう新進気鋭の若々しいブランド、みたいな。ちとイメージが古めかしいか。。。http://www.asics.co.jp/running/store/blog/2010/07/asicshonda.html

001_o

2010年7月11日 (日)

字に酔う

祭屋梅の助」さんにて行なわれた「激辣講座」に参加。主催者が用意された垂れ幕の字に酔い、お店の手書きメニューの字に酔い、最後は店看板の字に酔った、至高のひととき。。。

Dsc01232 Dsc01237 Dsc01262

2010年7月10日 (土)

六甲枝垂れ(しだれ)

来週はこれを目当てに久しぶりに山を歩こうかしら。。。http://www.rokkosan.com/view/news/20100625_773/

神戸中央郵便局前のトラックの列

ここ一週間ほど、以前には無かったトラックの列ができている。まだまだ混乱しとるんやろか。画像は7月9日(金)の19時過ぎ。。。

Dsc00239

蘭西戦争

オランダとスペインが南アフリカの地で戦うやなんて、なんや、大航海時代を思い起こさせて、興味深い対戦となりましたなぁ。。。http://www.fifa.com/

2010年7月 4日 (日)

サントリー:「角瓶」を出荷調整 ハイボール人気で

まぁ、わいも、ずいぶんと協力したかな^^!http://8721.teacup.com/kobestandingbar_2/bbs/356

幻のネーポン、キャンディーに 若者ファン開発

なんや、ラムッビーの話をしていたら、神戸のネーポンも元気かな。。。http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0003161095.shtml

げげっ、ドイツ!

おいおい、ドイツが優勝したら最多優勝回数4回でイタリアに並んでしまうやんか。あかんあかん!http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100704-00000000-maiall-socc

2010年7月 3日 (土)

ツアーな一日 47

2010年6月27日(日)。新開地~JR神戸~新開地を、うろうろと。。。おおよそ1年ぶりのツアーな一日。同好の士、最初1名、途中4名、終盤3名、最後2名。「餃子の王将 新開地店」→「八喜為 新開地店」→「元町エビス 新開地店」→「公園前 世界長」→「串かつ 日光」→「吉美屋 新開地店」→「八喜為 新開地店」http://www.geocities.jp/kobestandingbar_3/DB_Tour_20100627.htm

Dsc01178

オランダにほくそえむ!

ブラジルが負けたことで6度目の優勝が無くなり最多優勝回数に一つ差でつけているイタリアとの差が広がらなかったことが嬉しくてオランダの勝利にほくそえむ^^!http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100703-00000002-jij_van-socc

ちゃんぽんの悦楽

ワシワシと噛み応えのある太麺、食べても食べても無くならない具材、具材を炒めた油の旨味が乗り移ったスープ。あぁ、堪らない^^!画像はJR神戸山側にある「龍ちゃん」のソレ。。。

Dsc01196

スパークリング清酒 Zipang(ジパング)

あっ、これは飲める。どこぞの日本酒ハイボールとはわけが違う。しかし、この商品も、我が家至近の、アルコール飲料が充実しているコンビニにて、発見したんよね。ほんま、このコンビニ、店頭で呑ませてくれんね^^!http://8721.teacup.com/kobestandingbar_2/bbs/342

中島らも七回忌回顧展~神戸らもてん

せんべろ、センベロ、千べろ、千ベロ、1000べろ、1000ベロ、な、みなさま、是非とも、もちろんに、新開地(神戸アートビレッジセンター)にて。やっぱ、新開地だよねぇ^^!http://8721.teacup.com/kobestandingbar_2/bbs/341

ラムッビー

サブタイトルは、「KING OF SOUR」。なんや「大阪ではサワーって言わへんっ!」などというまことしやかな情報を垂れ流す番組がありましたが、大阪は都島区にある鉱泉会社の商品「ラムッビー」のサブタイトルは、ズバリ「KING OF SOUR」。我が家至近の、アルコール飲料が充実しているコンビニにて発見するも、やっぱ、このコンビニ、店頭で呑ませて欲しいなぁ^^!http://8721.teacup.com/kobestandingbar_2/bbs/340

2010年7月 2日 (金)

串かつ 日光(神戸市中央区相生町3)

JR西日本で7番目に乗車人員の多い駅のフードコートに、なくてはならない串かつ処!http://www.geocities.jp/kobestandingbar_3/DB_nikko.htm

Dsc01187

2010年7月 1日 (木)

平城遷都1300年記念 奈良マラソン2010

おいおい、エントリー受付5日目にしてフルマラソン10,000名の定員に達してしもうたらしい!神戸も来年は頑張らんとなぁ。。。http://www.nara-marathon.jp/index.html

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »