最近のトラックバック

twitter

  • twitter

« 精神の温度が高いのか、たえず知的な泡立ちがあり、一つの事柄を考えるとき、とっさに脳中に肯定と否定の矛盾がおきて、そうして湧きあがった矛盾の気泡が、すぐさまユーモアでもって弾ける、そんなドナルド・キーンさんの著書を遅れ馳せながら貪り読みたくなった、司馬遼太郎 ドナルド・キーン著「世界の中の日本-十六世紀まで遡って見る-」 | トップページ | ツアーな一日 57 »

2012年5月26日 (土)

副食としてフルサイズのトンカツと添え物の野菜が付く荒田公園山側は湊庵の「そば定食」

そう!「そば定食」なのです。トンカツ定食ではないのです^^!

2012052611390000

« 精神の温度が高いのか、たえず知的な泡立ちがあり、一つの事柄を考えるとき、とっさに脳中に肯定と否定の矛盾がおきて、そうして湧きあがった矛盾の気泡が、すぐさまユーモアでもって弾ける、そんなドナルド・キーンさんの著書を遅れ馳せながら貪り読みたくなった、司馬遼太郎 ドナルド・キーン著「世界の中の日本-十六世紀まで遡って見る-」 | トップページ | ツアーな一日 57 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 精神の温度が高いのか、たえず知的な泡立ちがあり、一つの事柄を考えるとき、とっさに脳中に肯定と否定の矛盾がおきて、そうして湧きあがった矛盾の気泡が、すぐさまユーモアでもって弾ける、そんなドナルド・キーンさんの著書を遅れ馳せながら貪り読みたくなった、司馬遼太郎 ドナルド・キーン著「世界の中の日本-十六世紀まで遡って見る-」 | トップページ | ツアーな一日 57 »